PCの購入サイクルについて考察

パソコンの性能は日進月歩です、パソコンを購入そして買い替えお行うことにおいて、丁度良い時期、サイクルとはどれくらいのものでしょうか?

OSが変更の際に買い換える

これはあまり得策とはいえません、OSはいつでも載せ替えがききます、OSはあくまでもPCを動かすためだけにあれば良いものです。

部品のひとつが壊れた

ノートPCやタブレットPCなど交換がきかないものについては、ここで買い替えなければいけなくなる場合もあります、修理で安価に直る場合が修理に出したほうがよいでしょう。

使用したいことにたいしてスペック不足になった

新しいPCを購入する上で一番の購入動機になることは、このスペック不足であるといえます、自作PCなどでパーツ交換で補えるものであれば良いですが、だいたい自作PCを購入する際は、自分の予算ギリギリまでの物品を買い、長い目で見てる方は少ないと思われます。今ならFallout4推奨PCを買っておけば他のオンラインゲームも遊べるのでおすすめです。
上記の考察をすると、やはり深刻な故障でなければ、スペック不足によりPCを買い換える人が多いと思われます、なのでスペック不足を懸念しなるべく高価なPCを購入すればPCの買い替えサイクル年数は大きくなるでしょうか?
最近ですがPCのスペックとくにCPUについては大幅な新化をしているとは考えられません、そしてHDDやSSDなどは大容量化と低価格化が激しくなっているので、これは交換または外付けで対応すれば良いのではないでしょうか?
やはり、それなりの性能のパソコンを購入しておくのが一番だと考えられます、しかしあまりに高価なものはよほどそのスペックが必要でない限りは不要かと思います。
購入の際は余裕をもって自分の必要なスペックの少し上の性能を購入しておくほうが良いでしょう。
また、なるべく最新のソケットや端子に対応して自作しておけば、今後のスペック不足に対応するために部品交換も楽になると思えます。
OSなどの入れ替えも考慮するとPCの購入や交換は3〜5年を考慮し、その中で自分の出費できる金額にあったPCを購入するのが良いと思われます。

Comments are closed.