ラップトップが使い心地最高

前は次はノートPCじゃなくてラップトップにしよう、と思っていたのに、今やほぼ毎日パソコンつけない日が続く。金が作れれば今年度中に新しいノートPC買いたい。クリスタは重すぎてノートPCでは無理だ。動かなくなっていた古いノートPCにUbuntuを入れて遊んでる。この行為はPaul Grahamの言い方を借りれば、この世から燃えないゴミが一つ消えてLinuxマシンが生まれたから世界をPC一台分豊かにしてる。Linuxに詳しかったら軽快に動くマシンも生まれてたな。授業に使うノートPCを忘れて早くも暇になる。ノートPCの内蔵WiMAXからでも、旧WiMAXの契約があれば「タダ替え」いける。エリア内でも電波ビミョーなところでは速度もビミョーになったりはするから注意が必要。

夏休みまでに無線とノートpc用意しないとだ。今からヤマダ電気行ってノートPC修理出してこようかな、Escキー死んでるのあるし。同じ「喫茶店にノートPCを持ち込んで作業する」という行為でも、MacBookだとドヤァ感がすごいのにレッツノートだと休日までお仕事ご苦労さまです感がにじみ出る件。ブランドイメージって凄いな。薄い安いノートPCを買おうかな。動作が気になるならむしろCPU気にした方がいいかもな。ノートPCって機能多いのにCPU弱くて結局使えないパターン結構あるから。クロームならそのままpdfを開けるのにわざわざくっそ邪魔なパワポを開かないといけないのが鬱陶しいしもし個人のノートPCで授業を受けてる人がいればパワポをインストールしていない可能性もある。いろいろ遊ぶためにノートPCが欲しい。

Comments are closed.